急ぎのキャッシングは時間に注意を

今は自宅に居ながらパソコンでキャッシングを受けられる時代です。

とても便利になりましたよね。とはいえ、急に現金が必要になった時に「そういえば即日融資も可能って書いてあったから明日ゆっくりと申し込もう」なんて思っていたら融資が思っていたように受けられなかったなんてことになるかも知れません。

まずは申し込みの時間です。
それぞれの会社にもよりますが即日融資が受けられるのは大体が営業時間内での申し込みの終了が条件になると思います。平日の午後2時までが多いようです。
この時間までに申し込めばいいのではなくて時間までに申し込みを済ませなければいけないのです。

なので出来れば余裕をもって午前中の早い時間から申し込んでおいたほうがいいでしょう。

また、審査には収入を証明するものなどの提出が必要になりますので事前に用意して送信方法を確認しておいたほうが間違いありません。こういう事で不備があったり手間取っているとどんどん時間が過ぎていって時間内に申し込みが出来なくなる翌日以降になってしまいます。

急なお祝い事でキャッシングが必要になりました

今はもう完済しましたが、キャッシングを利用していたことがあります。完済まで確か7、8年かかったような。とにかく大変でした。

最初利用したときは友人と自主生活映画を撮ろうと、いろいろなお店をまわって自作の宣伝用フリーペーパーを置いてもらったり、とにかくまずは作品を見てもらおうとフリービデオを作る、そうしてる期間は時間が無くてアルバイトも出来なかったので、その為のキャッシングでした。

一度借りてしまうと、ついもう少しもう少しとけっこうな金額を借りていたそのうちに、昔からの友人が2人続けて結婚するということで、そこで多額のキャッシングが急に必要になったのです。

お祝い事なのと、私は地方に居てその2人ともが東京在住だったので、そこまでの移動費と数日間の滞在費を捻出する為に、でした。

もちろん結婚式の招待状は前もって届いていたので式までは期間があったのですが、当時は実家で親と同居していて、そのあたりは電車が1時間に1本しか走っていないくらいの田舎なので、なにかアルバイトをやろうと思ってもとにかく仕事がなかったのです。

それでキャッシングにキャッシングを重ねて限度額いっぱいまで借りてしまったことがありました。 お祝いの為にお金を借りるということは、後になってみると失礼だったかなとも思いました。

最近の記事

  1. ネットで手続きして自分で受け取る
  2. ポイントが貯まるプロミスはお得な利用の宝庫です
  3. 収支をしっかり計算する
  4. あの衝撃は忘れられない武富士